矢上祭とは

矢上祭について


矢上祭は、慶應義塾大学の理工学部矢上キャンパスで、毎年10月第1週の土日に開催される学園祭です。

慶應義塾大学には、日吉・三田・信濃町・矢上・湘南藤沢・芝と多くのキャンパスが存在します。日吉キャンパスを除き、各キャンパスではそれぞれ独自の学園祭が開催されています。 中でも矢上祭は理工学部のキャンパスで行われるとあって、実験を体験できる科学館、研究室ツアー、ロボコンなど理系ならではの企画が多数行われます。 またそれだけでなく、ミス・ミスターコンテスト、縁日、模擬店などの老若男女が楽しめる定番の企画も目白押しです。 特に歌手の方と来場者が一体となって盛り上がる有名歌手のミニライブは例年大人気です。 2日目の夜には秋の夜空を彩る盛大な花火が打ち上げられ、祭は感動のフィナーレを迎えます。

2018年度、第19回矢上祭のテーマは「カーニバル」。
普段は物静かな矢上キャンパスが、来場者の方々にとってのカーニバルとなるように運営してまいります。

今年の矢上祭が、学術的な面にとどまらず慶應義塾大学理工学部生・大学院生主体の、新たな価値の創造・発信の場となることを目指しております。
ぜひ、ご来場ください。

開催概要

開催日時

10月6日(土)12時15分~19時00分
10月7日(日)10時00分~19時00分

アクセス

東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン
日吉駅より徒歩12分
お車でのご来場はご遠慮ください。なお、自転車でお越しの方には駐輪場をご用意しております。
詳しいアクセス方法は以下の地図にてご確認ください。

開催場所

より大きな地図で 慶應義塾大学矢上キャンパス を表示

予定来場者数

15000人

予定参加団体数

70団体

本年度のテーマ

今年のテーマは「カーニバル」です!

Page Top